赤木明登 パン皿 小 白漆
5a61b71ac8f22c6f5a002261 5a61b71ac8f22c6f5a002261 5a61b71ac8f22c6f5a002261 5a61b71ac8f22c6f5a002261 5a61b71ac8f22c6f5a002261 5a61b71ac8f22c6f5a002261

赤木明登 パン皿 小 白漆

¥23,760 税込

送料についてはこちら

赤木明登さんが初期のころから定番で作られている人気のパン皿を白漆で仕上げました。 漆で塗り重ねられた和紙の下地が使い込まれた根来のような景色となって表れています。使い始めは全体的に本来の漆の色である茶色みを帯びていますが、使用とともに薄れて、使うほどに白色が強くなってきます。名前はパン皿ですがチーズやおつまみなど載せてもよさそう。少し高さのある器形が盛ったものを上品にみせてくれます。 参考サイズ 直径22.2㎝×高さ4.4㎝ 「漆器のお取扱いについて」 使用後は水かお湯で簡単に汚れが落ちます。油もののあとや、においが気になる場合は研磨剤の入っていない中性洗剤をお使いください。酸やアルカリ、塩分、アルコールにも強い漆ですが直射日光に当てたり、沸騰したての熱湯を注ぐと変色や割れの原因となりますので注意してください。電子レンジや食洗機の使用はできません。痛みの状態によってはお直しも可能ですので遠慮なくお問い合わせください。 『赤木明登』 塗師。岡山県生まれ。編集者を経て1988年に輪島へ。輪島塗の下地職人・岡本進のもとで修業後、1994年に独立。以後、輪島でうつわを作り続け、各地で個展を開催。現代の暮らしに息づく「ぬりもの」の世界を切り開く。